2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
- 2011/07/22(Fri) -
どうもです。

今日は土用の丑の日という事で、鹿児島産霧島湧水うなぎ蒲焼を奮発してゲットしちゃいました。
一匹分だけど、サイズはちょっと小ぶりなうなぎかなぁ。

蒲焼きに日本酒をささっとかけてレンジでチン。

IMG_0564.jpg

この蒲焼き、本当に美味でした。一瞬のうちにお腹の中へ。あーもう終わっちゃったってな感じでした。

安い中国産と迷ったけど、こっちを選んで正解でした。値段は倍くらい高かった。。。
自分は、マラカイトグリーンの件は気にせず中国産も食べるけど、やっぱり国産は違いますね。

ちなみに中国産うなぎの方には5回検査しましたとか書いてありました。
どのレベルで5回検査したのか気になってしまいますね。なぜ1回じゃダメなの?なぜ5回?
なんだか安心させようと思っているんでしょうけど、逆に不安になるような。


今年は養殖につかう稚魚が不漁だったらしく、お値段はさらに高くなっているらしいです。

うなぎは養殖と言っても、完全養殖ではなくて、稚魚であるシラスウナギを採ってきて、それを大きくなるまで養殖場で育てているんですよね。

最近、ニホンウナギの卵が発見されたり、完全養殖の研究も進められていますが、卵からシラスウナギまで育てるには歩留まりが悪くて、まだまだ実用化は遠い道のりみたいです。
仔魚約1000匹中でシラスウナギまで成長したのは30匹くらいだとか。
今後は歩留まりを上げていくために研究が進められていくんでしょうね。

なぜここ50年くらいでうなぎが激減したのか?そして今年の不漁の原因など、根本的な原因を解決できたらほんとは良いんでしょうけどね。

個人的にうなぎの研究は前々から興味があったのですが、これからも目が離せません。
スポンサーサイト
この記事のURL | 食事 | コメントはこちら(4) | トラックバック(0) | ▲ top
<<金魚まつり | メイン | >>
コメント
- -

私も昨日はうなぎでした^^
うなぎにはそんな研究がされてるんですね。
勉強になりました。
2011/07/22 10:36  | URL | らっこ #If366J2Q[ 編集] |  ▲ top

- -

よっしゃ!今度は渓流トゥリに加えてウナギトゥリと言う目標がでけますたな!! 一緒に浜松か、四国にトゥリ行きませう!!
2011/07/23 01:36  | URL | Lance #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>らっこさん

うなぎの生態はほとんど解明されてなかったんだけど、ここ数年でかなり分かってきたんですよー。
2011/07/24 18:46  | URL | KEんTA #-[ 編集] |  ▲ top

- -

>Lanceさん

うなぎトゥリイイね。昔は多摩川でも青梅あたりまで、うなぎが上ってきて釣れてたらしいよ。
2011/07/24 18:49  | URL | KEんTA #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ken10a.blog123.fc2.com/tb.php/274-31e91a71
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。